eSOL Technology Forum 2018 各種資料ダウンロード

image-9
2018年9月28日(金)に「eSOL Technology Forum 2018 AIと自律分散型プラットフォームによる新たなテクノロジーの覚醒」を開催しました。
こちらでは当日の講演資料の一部および講演関連資料、展示パネル、配布カタログ・リーフレットのダウンロードや、デモ紹介動画をご覧いただけます。
下記よりダウンロードフォームにお進みいただけます。

講演関連資料

お詫び
:諸事情により以下講演資料のご提供は中止となりました。何卒ご容赦くださいますようお願い申し上げます。
    【特別ゲスト講演 1】自動運転機能の安全性評価法の標準化動向と課題
img_eTF2018_presen_eBRAD
 

【eSOL CTO 講演】関連資料

AIの課題とeSOLの新たな取り組み

※講演に関連するプレスリリース記事をダウンロードいただけます。

イーソル株式会社
取締役CTO 兼 技術本部長

権藤 正樹

img_eTF2018_presen_GFResearch
 
【特別ゲスト講演 2】
高度な自動運転技術が生み出すMaaSを加速させる


GFリサーチ合同会社
代表 テクノロジーアナリスト

泉田 良輔 様

展示紹介パネル
btn_IotM2M_esol_slide_dl
配布カタログおよびリーフレット
btn_IotM2M_esol_catalog-flyer_dl
カタログ
Platform20p2018_1

リアルタイムOSプラットフォーム総合カタログ

リアルタイムOS、各種ミドルウェア、統合開発環境、機能安全ソリューションを紹介

リーフレット
eTF2018_ROS-on-eMCOS

自動運転システム/自律制御ロボット開発向けプラットフォーム「ROS on eMCOS」

ROS/ROS 2に対応した組込みプラットフォームを活用し、効率的な自動運転/自律制御システム開発を支援

01_A4_amazon_2

安全・安心が求められる堅牢なシステムへのAmazaon FreeRTOS本格導入

最新のWeb APIを使ったシステムの拡張機能とWebエンジニアから見て扱いやすい組込みプラットフォームを実現

eTF2018_Kalray-eMCOS-eMBP-1

メニーコアプロセッサの性能を最大限に引き出すRTOSと自動並列化ソリューション」

メニーコア対応RTOSとモデルベース並列化ツールとの連携で、マルチ・メニーコア向けソフトウェア開発を包括的に支援

08_A4_eMBP

モデルベース並列化ツール「eMBP」


Simulinkモデルを利用し、高信頼・高性能のマルチ・メニーコア環境向け並列コードを自動生成するツール

eTF2018_medini-analyze

機能安全分析ツール/サイバー脅威分析ツール

機能安全分析およびサイバーセキュリティにおける脅威分析を一括で行い、効率的な運用を支援

eTF2018_Rapita

ISO 26262, DO-178B/C対応ソフトウェア検証ソリューション

ソフトウェア単体テストからシステムテストまでのトータルソリューションを提供

12_A4_eWeaver

Redmineベース開発プロジェクト活動支援ツール「eWeaver」

開発プロセスを具現化してプロジェクト管理活動を強力に支援

A4_AUBIST_eTF2018

AUBIST Adaptive(オーバス社製)

AUTOSAR Adaptive Platform準拠のソフトウェアプラットフォームを提供

デモ紹介動画

新規CTAパーソナライズAIフレームワーク「eBRAD」

新規CTAISO 26262 2nd Edition対応
機能安全分析ツール

新規CTA自動運転/自律制御システムの開発を効率化する組込みROSプラットフォーム

新規CTAソフトウェア検証ソリューション

新規CTAメニーコアプロセッサの性能を最大限に引き出すRTOSと自動並列化ソリューション

新規CTAAWS対応リアルタイムOS
プラットフォーム