eSOL Learning Video Clips

すぐに役立つ!ベテラン組込みエンジニアが教える実践テクニック

esol_learning_02_thum

すぐに役立つ!ベテラン組込みエンジニアが教える実践テクニック①
デバッグを効率化!プログラムカウンタの操作


プログラムカウンタを操作する機能を活用して、日々のデバッグを効率化する方法について紹介

詳細

プログラムカウンタを操作する機能をご存知ですか?
多くのデバッガでサポートされていますが、意外と活用されていない機能です。
この動画では、この機能を活用して、日々のデバッグを効率化する方法についてご紹介します。


[ 2020/05/21 UP ] 

 


esol_learning_03_thum

すぐに役立つ!ベテラン組込みエンジニアが教える実践テクニック②
意外と知らない、優先度逆転現象


パフォーマンスの低下やデッドロックなどの問題を引き起こす可能性がある「優先度逆転現象」について、例を交えて解説

詳細

リアルタイムOSを使用して開発をしている方は、優先度逆転現象という言葉を聞いたことがあるかもしれません。
この現象を知らずに実装していると、パフォーマンスの低下やデッドロックなどの問題を引き起こす可能性があります。
意外と知られていないこの現象について、例を交えて解説します。


[ 2020/05/21 UP ] 

 


esol_learning_04_thum_2

すぐに役立つ!ベテラン組込みエンジニアが教える実践テクニック③
ポイント詳説、CPU例外の発生原因を確認するための具体的な手順 (Armv7-A 環境編)

Armv7-A アーキテクチャ環境でデータアボート例外が発生した場合を例にとり、CPU例外発生原因の確認方法を紹介

詳細

組込みシステムの開発では、プログラムの問題により、しばしばCPU例外が発生します。
このようなケースで、なぜCPU例外が発生しているか、確認する方法をご存知ですか。
この動画では、Armv7-A アーキテクチャ環境でデータアボート例外が発生した場合を例にとり、CPU例外発生原因の確認方法をお伝えします。


[ 2020/05/27 UP ] 

 


esol_learning_05_thum_2

すぐに役立つ!ベテラン組込みエンジニアが教える実践テクニック④
特別な機材は不要!
Armv7-A Performance Monitoring Unit を使って正確な時間測定を行う


パフォーマンス改善に有用な情報を容易に収集できるPerformance Monitoring Unitを使った時間測定について、例を交えて解説

詳細

Arm プロセッサに搭載されている、Performance Monitoring Unit というモジュールをご存知ですか。
このモジュールを利用すると、実行した命令数やキャッシュミスヒット回数など、パフォーマンス改善に有用な情報を容易に収集できて大変便利です。
この動画では、Performance Monitoring Unitを使った時間測定について、例を交えて解説します。


[ 2020/05/27 UP ] 

 


esol_learning_06_thum_2

すぐに役立つ!ベテラン組込みエンジニアが教える実践テクニック⑤
タスクごとのCPU占有率情報を収集して、ボトルネックを抽出する


パフォーマンスをチューニングする際必要となる、ボトルネックを検出する手法について紹介


詳細

組込みシステムを開発する際、意外と難しいのはパフォーマンスのチューニングです。
ある処理の速度をあげたいとき、何がボトルネックになっているのか、まず情報を収集する必要があります。
この動画では、システムのボトルネックを検出する手法についてご紹介します。


[ 2020/05/27 UP ] 

 

 組込みソフトウェアの最新動向

esol_learning_01_thum

パソコン一つで、どこでも組込み開発が可能!
- シミュレーション環境でのアプリケーション開発手法 -


シミュレータを使ったPCのみでの組込みソフトウェア開発の手法をイーソル製品を使って紹介

詳細

組込みソフトウェア開発における課題のひとつとして、開発にターゲットとなるハードウェアが必要という点があります。昨今では、リモートワークが一般的に行われるようになりましたが、この課題が原因でリモートワークが行えない場合も多くあります。
この動画では、シミュレータを使ったPCのみでの組込みソフトウェア開発の手法をイーソル製品を使ってご紹介します。


[ 2020/05/21 UP ] 

 


Comingsoon-1

ここまでできる!
ROS/ROS2とRTOSで実現する高機能リアルタイムシステム


イーソルのリアルタイムOSの特徴やROSとの連携で実現できる高機能リアルタイムシステムについて、デモを交えて紹介

詳細

近年、産業機器の自律制御システムや自動運転システムの開発において、オープンソースのソフトウェアプラットフォームである
ROS/ROS2が注目されています。
イーソルが提供するリアルタイムOSは、Linuxのみ対応のROSや製品化/マルチプラットフォーム対応のROS2をいち早く動作させた実績があります。
この動画では、イーソルのリアルタイムOSの特徴やROSとの連携で実現できる高機能リアルタイムシステムについて、デモを交えながらご紹介します。


[ Coming Soon ] 

 


Comingsoon-1

15分でわかる、産業用ネットワークのトレンド


各種産業用EthernetやOPC UAなどの産業ネットワーク規格の概要やユースケースと、イーソル製品上でOPC UAが動作している様子を紹介

詳細

産業機器製品にもIoT、Industrie4.0の対応が進み、従来使用していたシリアル系のフィールドバスから産業用Ethernetへの転換や工場内だけではなく工場間やクラウド連携などの要求も増えてきています。
この動画では各種産業用EthernetやOPC UAなどの産業ネットワーク規格の概要とユースケースなどのご紹介と、イーソル製品上でOPC UAが動作している様子をお見せします。


[ Coming Soon ] 

 


Comingsoon-1

国際標準のAUTOSARを日本基準の技術とサポート体制で提供
~AUTOSAR Adaptive Platform編~


Adaptive Platformの位置付けやClassic Platformとの違いを説明しながら、AUTOSAR準拠ソフトウェアスタック「AUBIST Adaptive Platform」を紹介

詳細

2019年11月にAUTOSAR Adaptive Platform最新バージョンR19-11が公開されました。本動画では、車載ソフトウェアの開発者様に特に関心の高い、Adaptive Platformの位置付けやClassic Platformとの違いを説明しながら、AUTOSAR準拠ソフトウェアスタック「AUBIST Adaptive Platform」をご紹介します。


[ Coming Soon ] 

 


Comingsoon-1

国際標準のAUTOSARを日本基準の技術とサポート体制で提供
~AUTOSAR Classic Platform編~


お客様のAUTOSAR導入を強力に支援するAUTOSAR準拠ベーシックソフトウェア「AUBIST Classic Platform」を紹介

詳細

お客様の様々なご要求に合わせて必要単位でパッケージ提供、設定工数を削減する楽々コンフィギュレーションツールなど、お客様のAUTOSAR導入を強力に支援するAUTOSAR準拠ベーシックソフトウェア「AUBIST Classic Platform」をご紹介します。


[ Coming Soon ] 

 


Comingsoon-1

RTOS実験室
- イーソルのリアルタイム OS と Linux、速いのはどっち?- 

具体的な数値でイーソルのリアルタイムOS 「eMCOS」と Linux のスピードパフォーマンスについて比較

詳細

組込みシステムでRTOSを選定する際、スピードパフォーマンスは重要な要素です。
しかし、どのRTOSがどれくらい速いのかという情報はなかなか公開されていません。
この動画では、具体的な数値でイーソルのリアルタイムOS「eMCOS」 と Linux のスピードパフォーマンスについて比較します。


[ Coming Soon ] 

 


Comingsoon-1

統合開発環境「eBinder」のご紹介
~簡単立ち上げ、すぐに開発が開始できる~


届いたその日からすぐに開発が開始できるイーソルの統合開発環境「eBinder」について、実機での実際の立ち上げ作業を動画でご紹介します。

[ Coming Soon ] 

 

 English version


Coming Soon