イーソルトリニティ:オンデマンドウェビナー

イーソルトリニティ取り扱い製品をご紹介するオンデマンドウェビナーを視聴いただけます。
機能安全/サイバーセキュリティ
Cyber Security対応に必要な脅威分析の実現に向けて

 

Cyber Security対応に必要な脅威分析の実現に向けて

機能安全分析で実績のあるAnsys medini analyzeは、Cyber Securityの脅威分析機能が追加され、効率的な実施が可能となるよう現在も継続的に機能強化が行われています。本ウェビナーでは、脅威分析を実施する上で対応が必要なポイントについて、ユースケースを交えて具体的な方法やツール機能を詳しくご紹介します。

>>お申し込みはこちら
機能安全/サイバーセキュリティ対応で必要となるトレーサビリティ確保を簡単かつ確実に実施できる方法を確立

 

機能安全/サイバーセキュリティ対応で必要となるトレーサビリティ確保を簡単かつ確実に
実施できる方法を確立

本ウェビナーでは、DTSインサイト社をゲストに迎え、トレーサビリティ確保で起こっている課題点を明確にし、連携する事による確実性と今後の作業負荷削減をターゲットとして、新機能のコンセプトをご紹介します。

>>お申し込みはこちら
Ansys medini analyzeとmicroTRACER連携機能リリース!機能安全/サイバーセキュリティ対応の影響範囲分析を効率化

 

Ansys medini analyzeとmicroTRACER連携機能リリース!
機能安全/サイバーセキュリティ対応の影響範囲分析を効率化

本ウェビナーではDTSインサイト社をゲストに迎えて、機能安全/サイバーセキュリティ対応でのトレーサビリティ確保の苦労ポイントやツールを使って影響範囲分析を容易に実施する方法をデモを交えてご紹介いたします。

>>お申し込みはこちら
モデルベース開発
MBSEを効率的に実現するAnsys SCADEを利用した航空宇宙向けシステム開発
MBSEを効率的に実現するAnsys SCADEを利用した航空宇宙向けシステム開発

Ansys SCADEは航空宇宙システム開発の領域では世界各国で多くの実績があるモデル開発ツールです。最新のAnsys SCADEを利用することで効率的にMBSEを実現できます。本ウェビナーでは、効率的な作業を実現できる最新の機能やユースケースをご紹介します。

>>お申し込みはこちら
img_VisualSim_on-demand_webinar_2021

 

定量的なアーキテクチャ探索を早く容易に!モデルベースツールVisualSimがアーキテクチャ探索を支援

本ウェビナーでは、そもそもアーキテクチャ探索とは何か?から始まり、アーキテクチャ探索の必要性および現状と課題について考え、その中で課題解決策の一つとしてモデルによるアーキテクチャ探索ツール「VisualSim」の活用をご提案します。また、ユースケースとして航空宇宙・防衛機器や車載ネットワークのアーキテクチャ探索などの事例をご紹介します。

>>お申し込みはこちら
ソフトウェア開発/テスト支援
マルチコアシステムにおけるWCET/WCRT解析
マルチコアシステムにおけるWCET/WCRT解析

本ウェビナーでは、マルチコアシステムにおけるWCET(Worst Case Execution Time:最悪実行時間)およびWCRT(Worst Case Response Time:最悪応答時間)の解析手法を紹介します。はじめにWCETとWCRTの違いについて説明し、その後、マルチコアシステムにおけるWCRT解析の課題とイーソルトリニティが提案する解析手法を解説します。

>>お申し込みはこちら
ソフトウェア/ハードウェア再利用効率化
img_PiNTeam_on-demand_webinar
PiNTeam社KYOTO SuiteによるAUTOSAR対応開発でのソフトウェア再利用の効率化

PiNTeam社のKYOTO Suiteを利用し、CDD(Complex Device Driver)開発における仕向けやソフトウェア再利用をより効率的に管理する方法を解説します。KYOTO Suiteにより、車載ソフトウェアの効率的な再利用と品質向上が実現できます。

>>お申し込みはこちら
仮想プラットフォーム
Imperas社の高速RISC-V命令セットシミュレータのご紹介
Imperas社の高速RISC-V命令セットシミュレータのご紹介

本ウェビナーでは、Imperas社のRISC-V高速命令セットシミュレータの特長とRISC-V IP開発者向けのデザインベリフィケーションの用途を解説します。RISC-Vモデルの最新状況やImperas社が運営するOVP(Open Virtual Platform)についても紹介します。ソフトウェア開発者およびIP開発者の両方の方にご視聴いただける内容となっています。

>>お申し込みはこちら
DockerコンテナとFVPを使った仮想環境開発構築
DockerコンテナとFVPを使った仮想環境開発構築

本ウェビナーではArm Fast Models/FVPの製品紹介から、応用編としてDockerコンテナとFVPの組み合わせ​によるマシンラーニング開発について解説します。応用編では「開発環境にはもう縛られない!FVPでできるマシンラーニング開発への応用」をテーマに、最新のマシンラーニング用プロセッサIP「Corstone-300 FVP(Cortex-M55 + Ethos-U55)」をモデル化したFVPを紹介します。

>>お申し込みはこちら
画像認識システム脆弱性検出
自動運転の要となる機械学習システムの成熟度を高めるAnsys SCADE Vision
自動運転の要となる機械学習システムの成熟度を高めるAnsys SCADE Vision

Ansys SCADE Visionは、機械学習システムの認識アルゴリズムにおける脆弱性の自動検知、自動トリアージによりラベリング作業を大幅に削減し、認識アルゴリズムの堅牢性および成熟度の向上に貢献するツールです。本ウェビナーでは、Ansys JapanのエンジニアがAnsys SCADE Visionの機能概要およびメリットを、実際のデモを交えて紹介します。

>>お申し込みはこちら

▶関連資料のダウンロードはこちらから