イーソルトリニティ:オンデマンドウェビナー

イーソルトリニティ取り扱い製品をご紹介するオンデマンドウェビナーを視聴いただけます。
機能安全
Ansys medini analyzeウェビナー(イーソルトリニティ)

 

機能安全分析(FuSa)/脅威分析(CS)を「Ansys medini analyze」で効率的に行う手法

車載ソフトウェア開発においては「ISO 26262」、「ISO/SAE DIS 21434」などの法規制により機能安全分析(Fusa)と脅威分析(CS)への対応がより一層求められています。本ウェビナーでは「Ansys medini analyze」を利用し、ソフトウェア開発において効率的に機能安全分析および脅威分析を行う方法を、デモを交えて解説します。

>>お申し込みはこちら
モデルベース開発
SCADEウェビナー(イーソルトリニティ)
Ansys社SCADEを利用した機能安全対応モデルベース開発の効率化

機能安全に対応したモデルベース開発をより効率的に実現できる方法をご紹介します。既存のSimulinkで作成したモデルを有効活用し、かつ機能安全対応を実現する開発効率化のポイント
を、実際に導入した際のイメージがつかみやすいようデモを交えて解説します。


>>お申し込みはこちら
モデルによるシステムアーキテクチャ設計支援ツール VisualSim

 

モデルによるシステムアーキテクチャ設計支援ツール VisualSim

Mirabilis社「VisualSim」では、車載EEシステムのアーキテクチャ探索を行う上で必要なモデルライブラリを500種類以上用意をしており、上流の開発プロセスにおいて容易にEEシステムのモデル化およびシミュレーションを行うことが可能です。本ウェビナーでは、VisualSimのご紹介およびモデリング方法、シミュレーションのデモを実演します。

>>お申し込みはこちら
ソフトウェア開発/テスト支援
img_RVS_webinar_on-demand
Rapita Verification Suiteを利用したソフトウェアの最悪実行時間の見える化

ソフトウェア検証ツール「RVS(Rapita Verification Suite)」を利用したソフトウェア性能測定と改善ポイントを把握するための手法をご紹介します。ソフトウェア性能解析で重要な最悪実行時間の測定方法や算出方法について具体例を交えてわかりやすく解説します。

>>お申し込みはこちら
ソフトウェア/ハードウェア再利用効率化
img_PiNTeam_on-demand_webinar
PiNTeam社KYOTO SuiteによるAUTOSAR対応開発でのソフトウェア再利用の効率化

PiNTeam社のKYOTO Suiteを利用し、CDD(Complex Device Driver)開発における仕向けやソフトウェア再利用をより効率的に管理する方法を解説します。KYOTO Suiteにより、車載ソフトウェアの効率的な再利用と品質向上が実現できます。

>>お申し込みはこちら
仮想プラットフォーム
img_on-demand_webinar_impress
Imperas社開発環境を利用した効率的なRISC-VでのカスタムSoC開発

オープンソースのCPUアーキテクチャであるRISC-Vを採用しているマイコンが増えてきており、カスタムSoC開発ではRISC-Vアーキテクチャを利用した開発がスタンダードになりつつあります。
本ウェビナーでは、コストを抑えて効率的にカスタムSoC開発を実現するImperas社の開発環境の特長と開発する際のポイントを解説します。また、具体的な採用事例などもご紹介します。


>>お申し込みはこちら
img_on-demand_webinar_ArmFVP_2020

 

テレワークに対応するシミュレータ環境を利用したソフトウェア開発

本ウェビナーでは、低価格で導入可能な「Arm Fast Models」を有効に利用して、より効率的な開発を実現する方法をご説明します。高速で信頼性の高いIPモデルを使った仮想プラットフォームを構築でき、実機レスでの組込みソフトウェア開発およびテスト効率化が可能になります。

>>お申し込みはこちら

▶関連資料のダウンロードはこちらから